CanvaでLINEリッチメニューが簡単にできちゃう♪

最近、LINE公式アカウントでリッチメニューを付ける人が増えてきました!

LINE公式アカウントリッチメニュー
LINE公式アカウントリッチメニュー

赤枠で囲ってあるこういうやつですね!

今まではこれを作るとなるとCanvaなどを使って自分で1からデザインを作らなくてはなりませんでした。

よくCanvaを使ったLINEリッチメニュー講座とかもあるくらいですよね!

実は、最近Canva「LINE公式アカウント」関係のテンプレートができたと聞いたのでブログでまとめてみました。

まだ、インスタやFacebookみたいなカテゴリにはないのですが、いづれ出てくるのかな?

yuki

種類も少ないけれどこれからどんどん増えそうだよ♪

Contents

LINEリッチメニュー大(2段のもの)のテンプレート

LINE公式アカウントリッチメニュー
LINE公式アカウントリッチメニュー

2段になっているリッチメニューです。

テンプレートも豊富で中々かわいいものも多めです。

LINEリッチメニュー小(1段のもの)のテンプレート

LINE公式アカウントリッチメニュー
LINE公式アカウントリッチメニュー

1段になっているリッチメニューです。

私はシンプルにしたかったからこちらを使っています。(そのうち変わるかもですが)

アピールしたいものが少ないって方には1段のものがおすすめ♪

LINEリッチメッセージのテンプレート

LINE公式アカウントリッチメッセージ
LINE公式アカウントリッチメッセージ

リッチメニューではありませんが、メッセージとして送信できるバナーです。

画像にリンクが張れるので目立たせてアピールできると思います。

クリック率もアップが期待されます。

初心者でも感覚でデザインできちゃうCanvaは絶対使いたいおすすめツール!

私がCanvaを知ったころに比べると今ではたくさんのテンプレートも出てきてとっても便利になりました♪

パソコンが使える状況ならPhotoshopでデザインしますが、出先だったりベッドの中だったりパソコンが使える状況ではないときは私もスマホでCanvaを使ってインスタの投稿画像を作ったりしています(笑)

有料版にすると画像の切り抜きや使える画像やフォントが増えたりするので、経費をかけられるならCanvaの有料版がおすすめ!

Photoshopだと月額2,480円ですが、Canvaだと各SNSのテンプレートや画像などが使えて月額1,000円(年間契約の場合)。

フリープラン(無料版)もあるけれど、30日間は有料版を無料でお試しできるので、まだCanvaを使っていない人はぜひ使ってみてください♪

yuki

簡単にいろんな素材画像が作れちゃうから使わないともったいないよ~

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

Contents
閉じる