CanvaでLINEリッチメニューが簡単にできちゃう♪

CanvaでLINEリッチメニューが簡単にできちゃう♪

最近、LINE公式アカウントでリッチメニューを付ける人が増えてきました!

LINE公式アカウントリッチメニュー
LINE公式アカウントリッチメニュー

赤枠で囲ってあるこういうやつですね!

今まではこれを作るとなるとCanvaなどを使って自分で1からデザインを作らなくてはなりませんでした。

よくCanvaを使ったLINEリッチメニュー講座とかもあるくらいですよね!

実は、最近Canva「LINE公式アカウント」関係のテンプレートができたと聞いたのでブログでまとめてみました。

まだ、インスタやFacebookみたいなカテゴリにはないのですが、いづれ出てくるのかな?

yuki

種類も少ないけれどこれからどんどん増えそうだよ♪

Contents

LINEリッチメニュー大(2段のもの)のテンプレート

LINE公式アカウントリッチメニュー
LINE公式アカウントリッチメニュー

2段になっているリッチメニューです。

テンプレートも豊富で中々かわいいものも多めです。

LINEリッチメニュー小(1段のもの)のテンプレート

LINE公式アカウントリッチメニュー
LINE公式アカウントリッチメニュー

1段になっているリッチメニューです。

私はシンプルにしたかったからこちらを使っています。(そのうち変わるかもですが)

アピールしたいものが少ないって方には1段のものがおすすめ♪

LINEリッチメッセージのテンプレート

LINE公式アカウントリッチメッセージ
LINE公式アカウントリッチメッセージ

リッチメニューではありませんが、メッセージとして送信できるバナーです。

画像にリンクが張れるので目立たせてアピールできると思います。

クリック率もアップが期待されます。

初心者でも感覚でデザインできちゃうCanvaは絶対使いたいおすすめツール!

私がCanvaを知ったころに比べると今ではたくさんのテンプレートも出てきてとっても便利になりました♪

パソコンが使える状況ならPhotoshopでデザインしますが、出先だったりベッドの中だったりパソコンが使える状況ではないときは私もスマホでCanvaを使ってインスタの投稿画像を作ったりしています(笑)

有料版にすると画像の切り抜きや使える画像やフォントが増えたりするので、経費をかけられるならCanvaの有料版がおすすめ!

Photoshopだと月額2,480円ですが、Canvaだと各SNSのテンプレートや画像などが使えて月額1,000円(年間契約の場合)。

フリープラン(無料版)もあるけれど、30日間は有料版を無料でお試しできるので、まだCanvaを使っていない人はぜひ使ってみてください♪

yuki

簡単にいろんな素材画像が作れちゃうから使わないともったいないよ~

CanvaでLINEリッチメニューが簡単にできちゃう♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

yukiwebのアバター yukiweb ウェブデザイナー

高校卒業後、マンガ家を目指し専門学校へ進学するも在学中にプロの厳しさに挫折を味わう。

その後、歯科助手として勤務するがパソコンでホームページ制作を覚え楽しくなってしまいウェブデザイナーへ転職。

制作会社やデザイン事務所などで、5年ほど正社員として勤務し、フリーランスへ。

携わったホームページは、アフィリエイト提供サイトや落語家のオフィシャルサイト、飲食店や建築・不動産業、楽天ECサイトなどジャンル問わず様々制作してきました。

20年の経験を生かし、パソコンの苦手な女性起業家さんの本気の起業をお手伝いしたく、2015年10月ごろから女性起業家さんのアメブロカスタマイズやホームページ制作を開始。

分からない、出来ないをサポートするため要望があった時のみセミナー講師も務める。
特に、ホームページ制作では、制作後のサポートも「丁寧」「分かりやすい」「親身になってくれる」と大好評。

コメント

コメントする

Contents