Search Console InsightsとGoogleアナリティクス4を関連付けよう!

以前、「Search Console Insights」を紹介しましたが、今回はGoogleアナリティクス4(GA4)と関連付ける方法を紹介します。

現在は、ユニバーサルアナリティクス(旧Googleアナリティクス)で関連付けている方もいるのかな?と感じたので関連付けの修正も合わせて紹介したいと思います。

Search Console Insightsの解説記事も良かったら見てみてください。

Contents

新規でSearch Console InsightsとGoogleアナリティクス4を関連付ける方法

まだ、関連付けができていない方はこちらの項目を読んでくださいね。

準備するもの
  • Search Console

新規で関連付ける方法①:Search Consoleにアクセスをする

Search Consoleにアクセスします。

新規で関連付ける方法②:「設定」を開く

左のナビゲーションの下の方(スクロールしてください)にある「設定」をクリック

新規で関連付ける方法③:「協力者」をクリック

開いた画面の中央辺りにある「協力者」をクリックします。

新規で関連付ける方法④:「関連付ける」をクリック

「このプロパティにGoogleアナリティクスプロパティを関連付けてください。」の右にある、グレーのボタン「関連付ける」をクリックします。

新規で関連付ける方法⑤:関連付けしたいGoogleアナリティクスのプロパティを選択

小さなウインドウが開き、Googleアナリティクスのプロパティの一覧が表示されます。

その中から、関連付けたいGoogleアナリティクスのプロパティを選択します。

同じサイト名で2つ表示される場合は、ユニバーサルアナリティクス(旧Googleアナリティクス)のプロパティとGoogleアナリティクス4(GA4)のプロパティが表示されています。

見分け方は、プロパティ名が「UA-(数字)」の方がユニバーサルアナリティクスになります。

その場合は「UA-(数字)」ではない方がGoogleアナリティクス4(GA4)のプロパティなので、「UA-(数字)」ではない方のプロパティを選択します。

  • 通常は1サイトしか運用していない場合は、プロパティは1~2つ表示されます。
  • ユーザーアナリティクス(旧Googleアナリティクス)の設定がなければ1つしか表示されません。

新規で関連付ける方法⑥:「続行」をクリック

右下のグレーのボタン「続行」をクリックします。

新規で関連付ける方法⑦:「関連付ける」をクリック

「関連付けの確認」の画面が表示されるので、内容に間違いがなければ、右下の「関連付ける」の文字をクリックします。

新規で関連付ける方法⑧:設定が一覧に表示されていれば完了!

「関連付けられているサービス」に設定したデータが表示されていれば、関連付けは完了です。

Search Console InsightsとGoogleアナリティクス4の関連付けを修正する方法

私がこのパターンでしたが、既にSearch ConsoleとGoogleアナリティクスが関連づいている場合もあります。

しかも、ユニバーサルアナリティクス(旧Googleアナリティクス)に、Search Console Insightsが紐づいているので、その設定を修正する方法を紹介します。

準備するもの
  • Search Console

関連付けを修正する方法①:Search Consoleにアクセスをする

Search Consoleにアクセスします。

関連付けを修正する方法②:「設定」を開く

左のナビゲーションの下の方(スクロールしてください)にある「設定」をクリックします。

関連付けを修正する方法③:「協力者」をクリック

開いた画面の中央辺りにある「協力者」をクリックします。

  • ここまでは、新規で関連付けるのと同じ操作です。

関連付けを修正する方法④:Search Console Insightsの紐づいているプロパティを確認する

「関連付けられているサービス」の一覧から「Search Console Insightsに使用」と書かれている項目を確認します。

「サービス」の列に「Google Analytics UA」となっているのを確認します。

この段階で「Search Console Insightsはユニバーサルアナリティクス(旧Googleアナリティクス)に関連付いていることが分かります。

関連付けを修正する方法⑤:Search Console Insightsの関連付けを削除する

Search Console Insightsが紐づいている行の左側にある、三点リーダー(縦に点が3つ並んでいるところ)をクリックします。

小さいウインドウが表示されるので「関連付けを削除」をクリックします。

関連付けを修正する方法⑥:Search Console Insightsの紐づいているプロパティが変更されているか確認する

「関連付けられているサービス」の一覧から「Search Console Insightsに使用」と表示されている行を確認します。

「サービス」の列に「Google Analytics GA4」となっていれば完了です。

Search Console InsightsとGoogleアナリティクス4の関連付けのまとめ

新規でSearch Console InsightsとGoogleアナリティクス4(GA4)を関連付ける方法も、関連付けを修正する方法も、とても簡単でした。

2023年7月からはユニバーサルアナリティクスは使えなくなるため、Search Console Insightsの関連付けもGoogleアナリティクス4(GA4)に変更しておく方が良いでしょう。

まだ、Googleアナリティクス4(GA4)の設定ができていない方は、以前に解説していますのでそちらの記事をご確認くださいね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

yukiwebのアバター yukiweb ウェブデザイナー

高校卒業後、マンガ家を目指し専門学校へ進学するも在学中にプロの厳しさに挫折を味わう。

その後、歯科助手として勤務するがパソコンでホームページ制作を覚え楽しくなってしまいウェブデザイナーへ転職。

制作会社やデザイン事務所などで、5年ほど正社員として勤務し、フリーランスへ。

携わったホームページは、アフィリエイト提供サイトや落語家のオフィシャルサイト、飲食店や建築・不動産業、楽天ECサイトなどジャンル問わず様々制作してきました。

20年の経験を生かし、パソコンの苦手な女性起業家さんの本気の起業をお手伝いしたく、2015年10月ごろから女性起業家さんのアメブロカスタマイズやホームページ制作を開始。

分からない、出来ないをサポートするため要望があった時のみセミナー講師も務める。
特に、ホームページ制作では、制作後のサポートも「丁寧」「分かりやすい」「親身になってくれる」と大好評。

コメント

コメントする

Contents